ニキビ跡を消すためのケア

ニキビは、肌の雑菌が毛穴の中で異常に増殖することが原因です。

 

 

これによりダメージを受けると、肌は回復のために、その部分で細胞分裂を活発に行うようになります。

 

 

細胞分裂には血液中の栄養分が多く必要となるので、そのためニキビができると、その部分は集まった血液により赤く腫れるわけです。

 

 

細胞分裂によって肌が回復していくにつれて、血液は通常の量に戻っていきます。

 

 

それによりニキビの腫れもおさまるのですが、しかし血液の色素がその場に沈着することがあります。

 

 

すると腫れがおさまっても、赤みは残ることになります。

 

 

これがいわゆるニキビ跡で、美容の妨げとなることから、多くの人が除去するためのケアを肌に施しています。

 

 

赤いニキビ跡の除去には、ターンオーバーを促す美白化粧品を使うことが効果的とされています。

 

 

その中でも、プラセンタエキスやヨクイニンエキスが配合されている美白化粧品には、特に高い需要があります。

 

 

プラセンタエキスには細胞の栄養分が多く含まれていますし、ヨクイニンエキスにはそれを細胞に運ぶ力があります。

 

 

そのため美白化粧品でこれらを肌に与えると、肌では細胞の働きが活性化し、その分ターンオーバーが行われやすくなるのです。

 

 

具体的には、肌の内部で新しい細胞が多く生み出されることで、血液の色素が沈着した細胞が、肌の外へと押し出されていきます。

 

 

そして排出されていくにつれて、赤いニキビ跡は薄くなっていくのです。

 

 

また中には、肌がえぐれたようなニキビ跡ができるという人もいます。

 

 

これは、回復のための細胞分裂がしっかりと行われなかったことが原因となっています。

 

 

ダメージを受けた細胞は、肌からどんどん除去されていくのですが、それにもかかわらず新しい肌細胞が十分に作られなかったため、不足している分だけ肌がえぐれてしまうわけです。

 

 

このタイプのニキビ跡も、プラセンタエキスやヨクイニンエキスで改善していくことが可能です。

 

 

これらの力で新しい肌細胞が増えれば、えぐれた部分が徐々に盛り上がっていき、最終的には肌は平らな状態に戻るのです。

 

 

また、これらはニキビの予防にもよく利用されています。

 

 

先述したようにニキビは、雑菌の異常増殖が原因ですから、ターンオーバーにより雑菌の付着した古い細胞を積極的に除去していれば、生じにくくなるのです。

 

 

美白化粧品の中には、殺菌成分が配合されているものもあるので、それを使用すれば、一層効率の良いニキビ予防が可能になると言えます。